date. 2013/7/12

category. WordPress

以前までは『WordPressDB最適化・自動バックアッププラグイン『WP-DBManager』』の記事のものを使用していたのですが、

運用中に色んな事が起こるので

テーマ・画像などのバックアップを行いたいと探していたところ『BackWPup』をみつけ、使用しました。

BackWPupとは

BackWPupはDB・ファイルのバックアップの他にも、DBの最適化、更にはバックアップをクラウドストレージに保存することが出来ます。

インストール

WordPressからインストール

WordPressからインストールするには、サイドバー→プラグイン→新規追加と進み、

『BackWPup』と検索し、ダウンロードし、有効化します。

FTPでインストール

FTPでインストールするには、BackWPupのサイトへ行きダウンロード→解凍→『wp-content/plugins』にアップし、

有効化します。

使用方法

BackWPの使用方法は、Jobの作成を作成しスケジュールを登録することにより動きます。

Jobの作成

Jobを作成するにはサイドバー→BackWPup→Add New Jobをクリックします。

基本設定(General)

Job Name

Job NameはJobの名前を指定します。わかりやすい名前にするといいでしょう。

Job Tasks

タスクを指定します。

  • Database backup・・・データベースのバックアップ
  • File backup・・・ファイルのバックアップ
  • WordPress XML export・・・XMLエクスポート
  • Installed plugins list・・・プラグインリストをバックアップ
  • Optimize database tables・・・DBの最適化
  • Check database tables・・・DBのエラーチェック
Backup File Creation

ファイルの保存形式を指定します。

Job Destination

バックアップのバックアップ方法を選択します。

Log Files

ログファイルの設定をします。

スケジュール(Schedule)

Start job

Jobの運用方法を選択します。

その他の項目については参考サイトなどをご覧下さい。

よく使用する設定

よく使用する設定方法はJobをDBバックアップ、ファイルバックアップと2つ設定しています。

DBバックアップ毎日・Fileバックアップ週一に設定しています。

Fileのバックアップはやはり、サーバーに負荷を掛けてしまうため週一に設定しています。

基本設定(General)

DB-Backup

スクリーンショット 2013-07-09 19.34.05

File-Backup

スクリーンショット 2013-07-09 19.36.50

の、ようにしています。

Job Tasks

DB-Backup

  • Database backup
  • Optimize database tables
  • Check database tables

のDB関連のものを選択しています。

File-Backup

  • File backup
  • Installed plugins list

としています。

Backup File Creation

Archive nameは適宜変更し、Archive Formatは『Tar GZip』を選択します。

Job Destination

は、『Backup to Folder(フォルダに保存)』を選択します。

Schedule

Start job

は、『with WordPress cron』を選択します。

Schedule execution time

DB-Backup

『daily』にチェックを入れ、時間を指定します。サイトにもよりますが、夜中などを指定するといいでしょう。

File-Backup

『weekly』にチェックを入れ、曜日を選び、時間を指定します。DB-Backupと被らないように指定しましょう。

後の設定はデフォルトでも大丈夫ですが、サイトによって適宜変更するといいでしょう。

参考サイト

関連記事