date. 2012/11/14

category. Mac

Virtualhostは作業時に様々なアドレスからアクセス出来るようにする方法です。

httpd-vhosts.confを有効化する

初期状態では有効化されていないので、有効化します。

sudo vi /etc/apache2/httpd.conf

と、ターミナルへ入力しhttpd.confを開きます。

#Include /private/etc/apache2/extra/httpd-vhosts.conf

の先頭の『#』を外し有効化します。

httpd-vhosts.confを編集する

sudo vi /etc/apache2/extra/httpd-vhosts.conf

とターミナルへ入力し、httpd-vhosts.confを開き編集します。

<VirtualHost *:80>
	DocumentRoot "ディレクトリパス"
	ServerName バーチャルホストで使用する名前
</VirtualHost>
<Directory "ディレクトリパス">
	order deny,allow
	allow from All
</Directory>

とファイルへ入力し、バーチャルホストを設定します。ここでApacheを再起動します。

sudo apachectl restart

とターミナルへ入力すると再起動されます。

hostsファイルの編集

hostsファイルを編集し、バーチャルホストで使用するアドレスは自分のPCに向かうようにします。

まず、hostsファイルを開きます。

sudo vi /etc/hosts

とターミナルへ入力し、hostsファイルを開きます。

127.0.0.1 バーチャルホスト名

とファイルへ入力し、バーチャルホストで指定したアドレスを指定します。

これでバーチャルホストで指定したアドレスへアクセスすると指定したフォルダが開かれます。

『httpd-vhosts.conf』と『hosts』に追記していけば複数のバーチャルホストを使用することができます。

参考サイト

関連記事